OSパートナーズ の派遣・契約社員・正社員求人情報

勤務地から求人・仕事を検索する

北海道・東北

  • 北海道
  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 秋田
  • 山形
  • 福島

関東

  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 茨城
  • 栃木

甲信越・北陸

  • 新潟
  • 富山
  • 石川
  • 福井
  • 山梨
  • 長野

東海

  • 岐阜
  • 静岡
  • 愛知
  • 三重

関西

中国

  • 鳥取
  • 島根
  • 岡山
  • 広島
  • 山口

四国

九州・沖縄

  • 福岡
  • 佐賀
  • 長崎
  • 熊本
  • 大分
  • 宮崎
  • 鹿児島
  • 沖縄

フリーワード

OSパートナーズ の求人・仕事を色々な条件で検索する

働いている方のインタビュー

異業種からの挑戦
OSパートナーズに入社後、半年くらいして副班長を目指そうと思いました。
そして、その半年後、契約社員として副班長になる事が出来ました。さらに入社2年目くらいで正社員になる事が出来ました。その後ステップUPして今は班長になりました。僕は不器用な方なので1つずつ上の仕事を見て来ました。
班長になって目標を全員に理解してもらうために、朝礼で話したり、一人ずつ声掛けを行ったりしてます。それでチームもまとまってきていると思います。僕が前任者や上司に教わったことを、今度はみんなに伝えていきたいです。自分が指導した人が成長し、実力をつけ、そして正社員になってくれたりすると、本当に嬉しいですね。
働きやすい職場を目指して
私たちは、新入社員の方用の教育フローを作っています。指導内容がしっかりできているので、仕事も覚えてもらいやすくなっています。それから【声をかけて一緒に食事に行く】【一緒に休憩をとる】など、小さなことで当たり前と言えば当たり前のことかもしれませんが、こういうフォローを組み込んだ教育フローになっています。みんなで一緒にがんばっていきたいと思っています。
製造のプロフェッショナルとして
以前は別会社で電池製造をしていました。生産ラインで経験を積み、やがて正社員に登用され、いまは検査の後工程の監督者をしています。
OSパートナーズを選んだのは前職が活かせる事。もうひとつのポイントは、正社員になりたいということです。以前の会社では正社員になれるという約束でしたが、企業の経営方針の転換で約束が振り出しに戻ってしまいました。OSPでは正社員登用制度があるということで、大変興味を持ちました。
ここまでくるのに、検査課だけではなく別の工程に関わり、また設備の知識を付けるなど、少しずつ経験を積み重ねてきました。それで電池製造の全体像がイメージできるようになりました。電池製造のプロフェッショナルとして、着実に前進しているという手ごたえを感じながら仕事に取り組んで来ました。
頑張り甲斐のある会社です
初めは年下の方、年上の方、男性女性問わずまとめていくという事に戸惑いました。自分の足りない点がよく分かりました。たくさんの方と接することで、自分が成長させてもらえたな、と感じます。
契約社員で入社しても、実績を地道に積み重ねれば正社員になれます。とてもがんばり甲斐のある会社だと思います。
念願の正社員になりました
OSパートナーズに入社する前は、別の企業で派遣社員をしていました。ところが契約期間終了にあった経験が何度かあり、とてもくやしい思いをしました。 その頃、求人誌でこの会社の事を知りました。福利厚生などの待遇面はもちろんですが、正社員登用制度があることに強く興味を惹かれました。
いくつかの工程を担当し、約1年半後、念願の正社員になることができました。
現在の仕事について
現在は目視にて不良品をチェックする仕事をしています。最初は大変でしたが、量をこなしているうちにすばやく見つけられるようになりました。コツがあるのでそれを覚えると仕事が楽になります。いまは自分の経験を踏まえて、新しく入ってきた従業員の方に仕事を教えています。仕事を教える時は、まず口頭で説明した後、見本として私が作業を行います。それを見ていただき、今度は自分で試してもらいます。仕事を教えた人たちの技術がどんどん向上していくのを見ると達成感があります。
いまの勤務形態は4勤2休です。勤務時間が交互に替わるので大変に思われることが多いですが、自由になる時間も多く、私の場合特に無理しているという感覚はありません。
異業種から挑戦!
応募したのは22歳の冬でした。当時は工場勤務ではなく家電量販店の店員として働いていました。引っ越しを機に転職する事になり、たまたまOSパートナーズ(OSP)の求人を見つけました。家から近いという事もありましたが、正社員登用が目をひきました。
新ライン立上メンバーと言う事で採用となり、いわゆる試作~量産までを経験しました。
試作の時代は不具合とかをある程度、自分の手作業で調整できるところがあったのですが、量産(全て機械で生産)となると、そういうわけも行かず設備などを細かく調整する必要があったので勤務よりも、その業務の変化の対応が大変でした。電池の製造は装置との対話ですよね。
班をまとめるようになると正社員登用試験の推薦を貰い、登用となりました。
これから新たに入社する方々へ
今では組立工程の班リーダーとなり、新入社員の方々を教育・フォローしながら、所定の数を作る為に汗を流している毎日です。
自動車に積載される電池と言う事で品質面はもちろん納期や製造の手順ひとつひとつが非常にシビアな現場です。決して「楽ですよ」とは言えない職場ではありますが、働く中できっと「働きがい」を感じる事が出来ると思います。
【みなさん、ぜひ一緒に楽しく働きましょう】
接客業からの転職
応募当時の私は20歳。居酒屋で接客と厨房を任されていたんです。お客さんとも仲良くなって楽しかったのですが、他の仕事もしてみたくなり、この仕事に応募しました。工場勤務は休みも決まってますし、時間通りに働けるのがいいですね。
検査の難しさと面白さ
入社したての頃の目視検査、出荷業務は思い出深いですね。目視検査≠見るだけではなく、決められた合否判定を、誰が見ても、いつ見ても、合格品は合格、不合格品は不合格としないといけません。これは、検査の難しいところですが、日々自分のこなした数字が把握できるのは検査ならではの面白さですね。そして、出荷工程は、前工程から出来あがってくる電池の予定を見ながら、出す順番をしっかり決めないと全然時間が足りないと言う状態になります。逆に段取りが上手くいくとホントに楽に流れます。やりがいと言う言葉は使い古されていますが、まさにこれこそやりがいだと思いますね。
今は監督者と言うポストを受け持っていますが、検査はどんなに分かりやすいサンプルやマニュアルを作っても、結局識別するのは人の目ですからね。働きやすい職場作りに日々邁進しています。
新たに入社する方々へ
工場勤務の経験の有無は問いません!私を含めた既存メンバーが責任をもって指導させてもらいます。ぜひ一緒に頑張りましょう!

OSパートナーズ の 求人情報から、あなたにピッタリなお仕事を見付けよう!